中野市の気になる人とゆるくつながるお話会「ぽんぽこTALK」

中野市に移住してきた方などが、知り合いやつながりをつくれる場をつくりたいーー。
2020年に中野市地域おこし協力隊として移住した榎本郁美さんと「まちのアトリエ」がコラボして始まったのが、中野市の気になる人とゆるくつながるお話会「ぽんぽこTALK」です。
中野市にゆかりのあるゲストと榎本隊員とのゆるく楽しいトークをきっかけに、さまざまな人やアイデアが交流する場所を提供します。


「ぽんぽこTALK Vol.2」開催決定!

中野市の気になる人とゆるくつながるお話し会「ぽんぽこTALK」第二弾の開催が決定しました!
ゲストは「3RD CAFE & MORE」のオーナー関 愛さんです。
中野市役所の近くに2014年にオープンし、カフェ経営とアウトドアイベントの企画等を行ってきた「3RD CAFE & MORE」。おいしいコーヒーと居心地の良い空間を提供し、「サードプレイス(家でも学校・職場でもない特別な場所)」としてたくさんの方に愛されている場所です。

今回は、「コーヒーのある暮らし。」をテーマに、中野市でお店を始めた経緯や、お店作りに対する思いなど、いろいろと伺ってみようと思います。
また、おうち時間を楽しむためのおいしいコーヒーの淹れ方を教えていただくほか、その場で淹れるハンドドリップコーヒーの飲みくらべもできます!
3RDオリジナルグッズの販売も行います。

愛さんのコーヒーを通して、すてきな出会いや新しいストーリーが生まれる場が作れたらと思います。
コーヒーが好きな方、おうちカフェを楽しみたい方、カフェ開業に興味のある方、前回同様、友だちを作りたい方や新しいことを始めたい、という方も大歓迎です♪

日時

2021年5月15日(土)19:00-21:00(開場18:45)

参加費無料

「ぽんぽこTALK」は、学生や子育て世代の方など、若い世代の方にたくさん来ていただきたいという思いで開催しています。ゲストにもご協力いただき今回も無料開催が実現できました。

定員

10名(応募多数の場合は抽選となります。ご了承ください。)

スケジュール

 18:45 開場
 19:00 ゲスト・参加者の自己紹介
     トークセッション
     コーヒーのおいしい淹れ方・飲みくらべ
     交流の時間
 21:00 イベント終了

申込方法:

下記の申し込みフォームよりお申し込みください。


ゲストプロフィール

◎関 愛さん
東京都出身。スポーツメーカーでPRを7年担当。子育てを機に退職。いつかカフェをやりたいと、大好きなスターバックスで3年間修行。2011年に夫の貴彦さんの出身地である長野県へ移住し、2014年に中野市に「3RD CAFE & MORE」をオープン。コーヒーとバレーボールをこよなく愛する。


申込締切

2021年4月30日(金)
※申込多数の場合の抽選結果は、5月あたまにメールにてご連絡いたします。

問合せ先

中野市地域おこし協力隊 榎本
nosei@city.nakano.nagano.jp


駐車場

中野市役所や中野陣屋前広場など、公共駐車場をご利用ください。


感染症対策として

  • 感染症リスクのある方(風邪気味、ご家族のインフルエンザ、麻疹、おたふくなど)はご遠慮ください。
  • ご自宅で検温・体調チェックをお願いします。
  • 会場の換気を適宜行います。
  • 入場前の手洗い、または手指のアルコール消毒をお願いします。
  • 会場の清掃・消毒を丁寧に行います。

※コロナウイルス等の影響により、内容が変更する場合がございます。ご理解ご協力のほど、よろしくお願いいたします。


開催レポート

過去のイベントの様子をご紹介します。

【2021/2/13 ぽんぽこTALK Vol.1】
「ドイツパンのコト、食のコト、中野市のコト。」

  • ぽんぽこTALK ベッカライウラノ 浦野里美さん
  • ぽんぽこTALK
  • ぽんぽこTALK ベッカライウラノ 中野市地域おこし協力隊
  • ぽんぽこTALK ベッカライウラノ
  • ぽんぽこTALK ベッカライウラノ

第1回目のゲストは、中野市三ツ和にある「ドイツパン ベッツカライウラノ」の浦野里美さんでした。2010年、群馬県から長野市に移住、2011年に中野市へ。ドイツでBIO(有機)のパン店に勤めていた経験を生かし、2017年にドイツパン専門店ベッツカライウラノをオープン。ドイツや中野市での農業が身近にある暮らしの豊かさ、パンづくりのこだわり、地産地消への思いなどをお聞きしました。冬季休業の期間中でしたが、特別にパンの販売もしていただきました。交流の時間が足りないぐらい参加者さん同士の話も盛り上がり、楽しい時間を過ごすことができました。浦野さん、参加者のみなさん、ありがとうございました!